今月の星空  〜初心者向け

2020年4月から5月上旬の星空をご案内しまーす。
今月の星空惑星 4/04 土 すばる(プレヤデス星団)に金星が接近
4/08 水 今年最近の満月(スーパームーン)
4/15, 16, 明け方、月火木土の集合
4/20 月 木星が西矩
4/26 日 土星が西矩 天王星が合
4/28 火 金星が最大光度(-4.5等)
4/30 木 プレセペ星団に月が接近

アトラス彗星(C/2019 Y4) が明るくなると期待されています。北の空のキリン座を移動し、周極星として、ほぼ一晩中見えます。
5月下旬には、ひょっとすると、一等星ぐらい明るくなるかもしれません。楽しみですね!
金星が夕空に輝いています。4/28には最大光度になります。
4月半ばには、明け方、火星、木星、土星に月が加わり、にぎやかな饗宴になります。

さて、冬のにぎやかな星達は、西の空に輝いていますが、そろそろお別れです。
天頂にしし座レグルス、東には春の代表の北斗七星や、うしかい座のアークツルスも見え、春の大三角が少し眠そうな春空に広がっています。


水星: 3/24に西方最大離角になったので、明け方、東の空に見えます。
金星; 宵の明星となっています。4/28 火に、最大光度(-4.5等)になります。
火星: 明け方、東の空に見えます。
木星: 4/20 に西矩 になります。明け方、南天に見えています。
土星: 4/26 に
西矩 になります。明け方の東天に木星と並んで見えます。 
月の満ち欠け     4/1 上弦      4/8 満月      4/15 下弦     4/23 新月      5/1 上弦
 今年の星空
 惑星・天文現象
1/04 しぶんぎ座流星群が極大
2/10 水星が東方最大離角
3/24 水星が西方最大離角
3/25 金星が東方最大離角
4/28 金星が最大光度(-4.5等)
6/04 水星が東方最大離角
6/21 夕方 西の空で部分日食(アフリカ〜インド〜中国〜台湾で金環日食)
7/14 いて座で木星が衝
7/21 いて座で土星が衝
7/23 水星が西方最大離角
8/12-13 ペルセウス座流星群が極大
8/13 金星が西方最大離角
8/25 伝統的七夕
10/01 中秋の名月
10/02 水星が東方最大離角
10/06 火星が地球最接近(準大接近)
10/15 うお座で火星が衝
11/11 水星が西方最大離角
11/18 しし座流星群が極大
12月中旬 はやぶさ2が地球帰還予定
12/14-15 ふたご座流星群が極大
12/15 南米で皆既日食

国際宇宙ステーションや、宇宙開発 日本人宇宙飛行士が活躍している国際宇宙ステーションが、夕方や朝方、見える事があります。
こちらに経路予報が載っていますので、参考にして下さい。ちなみに、友人の篠原氏の撮影した宇宙ステーションの画像ページも作ってます。
備考

用語の説明をしておきますね。
東方最大離角(とうほうさいだいりかく): 地球から見て、水星や金星が太陽から東側に最も離れることです。水星や金星は地球よりも太陽の近くを回っているため、太陽の光で、見えない事が多いのですが、最大離角のときは、太陽から離れる分、見やすいということです。勘違いしやすいのは、東方だから東の空かと、うっかり思いやすいのですが、太陽より東側に離れているという事は、夕方、太陽が沈んだあとに、西空に見えることになります。

西方最大離角(せいほうさいだいりかく): 地球から見て、水星や金星が太陽から西側にもっとも離れることです。水星や金星は地球よりも太陽の近くを回っているため、太陽の光で、見えない事が多いのですが、最大離角のときは、太陽から離れる分、見やすいということです。勘違いしやすいのは、西方だから西の空かと、うっかり思いやすいのですが、太陽より西側に離れているという事は、朝、太陽が昇る前に、東の空に見えることになります。

東矩(とうく):これは図でないと説明しにくいのですが、地球の外側をまわる惑星が太陽よりも東側にあり、太陽→地球→惑星をつないでできる角が90度になることです。太陽が真南にある時(南中)に、真東にあるという事になります。太陽が西に沈む時には、ちょうど南にその惑星があるわけです。

西矩(せいく): 地球の外側をまわる惑星が太陽の西側にあり、太陽→地球→惑星が90度になる事です。太陽が南中する時に、西の空にあるという事になります。太陽が東から昇って来る時に、その惑星は南にある事になります。
東矩と西矩は、地球の公転軌道よりも外側を回る惑星(外惑星といいます。)に限り、起こる位置関係です。

外合(がいごう): 地球の内側をまわっている惑星などの太陽系の天体に使う用語で、天体→太陽→地球が一直線上に並んだ状態、
つまり、地球と、水星や金星の間に太陽があるので、地球からは、太陽の向こう側で見えない事になります。
内合(ないごう): 地球の内側をまわっている惑星などの太陽系の天体に使う用語で、太陽→天体→地球が一直線上に並んだ状態、
つまり、地球と太陽の間に、水星や金星が入り、太陽と合うことです。

(しょう):地球の外側をまわっている惑星などの太陽系の天体に使う用語で、太陽→地球→天体が一直線上に並んだ状態、つまり地球から見て太陽とは反対側にその天体がある状態のことです。

(ごう): 地球の外側をまわっている惑星などの太陽系の天体に使う用語で、天体→太陽→地球が一直線上に並んだ状態、
つまり、地球と、惑星の間に太陽があるので、地球からは、太陽の向こう側で見えない事になります。地球の内側を回っている惑星の外合と同じ状態です。
冥王星 冥王星が、惑星から、はずされてしまった件については、こちらをごらんください。


↓星図は株式会社アストロアーツのステラナビゲータ(Version9)を利用しまし



星座別 ↓




主な星の並びや目印、見つけ方を載せておきます。↓








2020/4/1/19:00   4/16/20:00  4/30/21:00   ごろの星空です。 (StellaNavigator/AstroArts Inc)
惑星については、16日の表示です。
大阪府高槻市の設定ですが、関西地方はもちろん、全国的に言っても、大方こんな風に見えます。
(視野全体が緯度や経度分、ずれる事になります。)


北斗七星
(星のならび)
ご存知、ひしゃくの形をした星のならびです。北斗七星は星座ではありません。星座はおおぐま座になります。水を汲む部分の淵の二つの星を五倍ほど伸ばすと北極星が見つかります。
アークトゥルス
(恒星)37光年
うしかい座の一等星で、「熊の番人」という意味のギリシャ語から名づけられました。春の星座である大熊座と小熊座の南にあって、背後の星たちを守っているらしいです。(それにしては離れているような気がしますが・・・)麦が熟れる頃に昇ることから,麦星,麦熟れ星,麦刈り星とも呼ばれています。アークトゥルスは全天恒星中 第4位、又は3位:アークトゥルスは変光もし、また、ケンタウルス座α星が連星なので、分けてとらえた場合で、アークトゥルスが明るい時はアークトゥスルが3位になります。
スピカ
(恒星)270光年
おとめ座の一等星スピカは「穀物の穂」という意味のラテン語から名付けられています。 おとめ座が穀物の穂を手にした女性の形で、スピカは穂の部分にある星だからです。日本では、その美しい白さから、真珠星と呼ばれたりします。 
春の大曲線
(星のならび)
北斗七星の柄(え、つまり、持つ部分)のカーブをのばすと、オレンジ色の明るい星が見えます。これはうしかい座のアークトゥルスです。更にのばすと、白い星が見えます。おとめ座の一等星、スピカです。この、北斗七星からアークツルスを通り、スピカに伸びるカーブは、春の大曲線と呼ばれています。
デネボラ
(恒星)36光年
しし座の2等星で、「ししの尾」の意味。デネブ(尾)+オラ(アラビア語の接尾語)がくっついてこの名前ができました。名前の通り、ししのシッポの所にあります。 
レグルス
(恒星)77光年
レグルスとは、「小さな王」という意味の、しし座の一等星ですが、1.4等で、一等星の中では最も暗い星です。77〜78光年離れており、実際には太陽の130倍の明るさだそうです。
カストル
(恒星)52光年
ふたご座の星で、ポルックスと仲良くならんでいるので、一等星のように見えますが、実は1.58等なので、ぎりぎり一等星に入れませんでした。(残念!)
更に、この星、実は1.9等のカストルAと2.8等のカストルBからなる連星で、さらにさらに、カストルA、カストルBともに、それぞれが2つの星からなる連星なのです。そして更にまたこの2つの連星を回るカストルCも連星で、つまり、カストルは六重の連星系になっています。
ポルックス
(恒星)34光年
ふたご座の一等星で、双子の弟です。普通星座の明るい星から順にα,β・・・と名前(符合)がつけられるのですが、ポルックスはカストルより明るいのに、ふたご座β星となっていて、お兄さんを立てています
シリウス
(恒星)8.6光年
おおいぬ座にある、全天の恒星の中で最も明るい星で、-1.5等です。太陽系からは8.6光年の所にあり、近所の星と言えます
プロキオン
(恒星)11光年
こいぬ座の一等星です。「プロキオン」というのは「犬の前、犬のさきがけ」という意味から来た名前で、シリウスの直前に出てくることから、そういう名前がついたのでしょう。
ベテルギウス
(恒星)640光年
オリオン座は四つの星が長方形にならんでいて、とても分かりやすい星座です。その四つの星のうち、左上の赤い星が「ベテルギウス」です。赤いので、源平合戦の旗の色から「平家星」と呼ぶ向きもありますが、
天文民俗学の北尾浩一氏のお話しでは、
そもそも、赤いベテルギウスを「平家星」、青い(白い)リゲルを「源氏星」という、昔からの伝承は無く、逆に、平家の落人は、敢えて、リゲルを「平家星」と呼んだのだそうです。
現在、ベテルギウスを「平家星」と呼び、リゲルを「源氏星」と呼んだりするのは、その色から、過去の伝承を変えたもののようです。
冬の大三角
(星のならび)
シリウス・プロキオン・ベテルギウス の3つをつなぐと、正三角形に近い三角になります。これは『冬の大三角形』とよばれています。
冬のダイヤモンド
(星のならび)
シリウス・プロキオン・ポルックス・カペラ・アルデバラン・リゲル の6つの一等星をつなげると、ダイヤモンドの形になります。それで、冬のダイヤモンドと呼ばれています。  
リゲル
(恒星)770光年
オリオン座の四角を形取る星のうち、右下に見える白い星がリゲルです。ベテルギウスの「平家」に対して、「源氏星」と呼ばれたりしますが、上記の通り、伝承を変えたもののようです。
アルデバラン
(恒星)64光年
おうし座の一等星です。アルデバランは、「後に続くもの」という意味です。 「すばる」の後を追いかけているように見えるので、この名前がついたようです。日本でも「すばるのあとぼし」の呼び名があります。考えようによっては、美女姉妹とも呼ばれるすばるの「追っかけ」あるいは「ストーカー」とも取れますね。(笑)
カペラ(恒星)42光年 五角形のしょうぎのコマのような形のぎょしゃ座の一等星です。カペラは一等星の中では最も北にあります。

北極星の見つけ方:
北斗七星の7つの星の水を汲む方からA,B,C,D,E,F,Gとして、AB を、約5倍延ばしたところに、北極星が見つかりす。
カシオペアの5つの星を、A,B,C,D,E として、AB と DE を伸ばした交点から C 方向に、約5倍延ばしたところに、北極星が見つかります。


おまけの話 その1
天の川
七夕で有名なおり姫(こと座ベガ)と、ひこ星(わし座アルタイル)、この二つの星の間を、天の川が流れています。天の川の上を白鳥が飛んでいます。
天の川は私達の住む銀河系の、星の多い部分の姿です。銀河系の円盤の水平部分、特に銀河の中心方向には無数の星が集まっており、これが光の帯となり、天の川が見えるのです。双眼鏡で天の川を見ると数え切れない星や星団が視野をうめつくします。天の川が星々の集まりだという事を実感できます。

こうした天の川を見られるのが、夏だけと思われがちですが、実は、一年を通して、天の川は空に見えています。
まず、地球が銀河系の中にある以上、銀河系は中心方向だけではなく、ぐるりと地球をとりまいていますから、中心と反対方向にも、銀河の水平部分が続いています。中心方向は、いて座やさそり座方向で夏に見えますが、秋にはカシオペアやペルセウス、そして、冬にはぎょしゃ、ふたごの足元、おおいぬ・こいぬ座あたりへと、ぐるり地球を囲む形で天の川はあるのです。

また、夏の星座が夏しか見えないと思うのも、あやまりです。地球の自転とともに、空が1回転するのですから、たとえば、6時に夏の星座が見えれば、12時には秋の星座、朝の6時に冬の星座が見えるわけです。したがって、夏の星座を冬見る事も可能なのです。「おりひめと彦星を見れるのは七夕の時だけ」と思ったら、おおちがい!実は一年中見えるんですね。(調べてみたら、日本の基準点、北緯35度東経135度で、一年通して2星は見え、なおかつ、1/3から1/22には朝夕二回も見えちゃうんです。調べた本人もびっくりです!)
おまけの話 その2

ベテルギウスはまだ爆発しない??
オリオン座のベテルギウスは、表面温度が低いので、赤く見えます。年老いて、不安定になった赤色超巨星の変光星なのですが、太陽の直径の700倍から1000倍の大きさ(太陽系にあったら、木星まで飲み込む大きさ)の間で、風船のようにちぢんだり、ふくらんだりしているそうです。肥満でダイエットとリバウンドを繰り返している星みたいですよね。ちなみに明るさも0.4等から1.2等ぐらいまで変わります。普通は0.4〜0.8等ぐらいを行ったり来たりしているのですが、数年置きにすごく減光するようです。そして、2006年10月あたりからの減光は著しく、ベテルギウスの隣の二等星(ベラトリクス1.6等)と変わらないほど暗くなったりしています。

私達の太陽が46億歳なのに比べ、ベテルギウスはたったの数百万歳ですが、質量が大きいので、もう寿命を迎える星です。この星の死の瞬間は、超新星爆発になる予定ですが、それが、いつなのかはわかりません。その様子が見れるようになるまでも、爆発から450年かかります。
ベテルギウスが超新星爆発を起こすと、確実に昼でも見えるほどの明るい星になると予想されています。しかも、最近の研究や観測では、ベテルギウスが大量のガスを放出しており、ガスの放出によって星の表面が梅干しのようにでこぼこに膨らんでいるという説もあります。大きさは、15年前と比べて15%も小さくなっているとか?!また、形がゆがんで楕円になっているという説もあります。(それでもまだ、超新星爆発まで至っていないようです。もうすぐ爆発する事は確かでも、そのもうすぐというのが、1000年先か1万年先かもわからないという事です。星の長い一生からすれば、1万年ももうすぐなのです。)


おまけの話 その3

ふたご座流星群の母天体

普通、流星群は彗星がまき散らして行った小さな塵(ちり)やカスの道を地球がくぐる際に起こります。この、流星群の元になる彗星を母天体と呼びます。
毎年12月14日頃に観測のできる「ふたご座流星群」の母天体は、ちょっと変わっていて、小惑星3200(ファエトン、又は、パエトン)と呼ばれる小天体です。この天体は1983年に発見され、その軌道が、ふたご座流星群の軌道に重なることから、これが母天体だろうと考えられます。

ただ、一般に、彗星は氷を沢山含んでいて、太陽付近にやって来ると、とけて、チリをたくさんばらまいて行く(尾も見える)のに対して、小惑星は岩でできている物が多く、流星群が見れるほど、たくさんのチリをこぼしては行かない物です。(尾もなし)
で、偉い学者さん達の至った結論は、「昔、彗星だったけど、チリになる部分は無くなってしまい、すっかりやせてしまって岩のような部分だけが残ったのではないか」という事です。つまり、彗星の「ミイラ」みたいなものです。
流星群になっているのは、まだ、彗星だった頃にこぼれたチリだろうということです。 
そんな事を考えながら、ふたご座流星群を見てみましょう。

おまけの話 その4

プレセペ星団は渡り鳥!

かに座のM44(プレセペ星団)は520光年ほどの所にある約600個の星の集団ですが、秒速41kmでいっかくじゅう座の方向に、そろって移動しています。星団まるごと移動していて、「渡り鳥星団」なのです。
星団や星雲、銀河、天体(下記以外にも、山ほどありますが、極めてメジャーなものを挙げておきます。)

M 13(球状星団 ヘルクレス座)
北天1と言われる、立派な球状星団です。天頂付近に南中するので、観察しやすい天体です。少し暗い空で、口径10cm以上の望遠鏡であれば、星がつぶつぶに見えるでしょう。大口径になると、立体的に見え、すばらしい眺めです。
(視直径10分、実直径98光年、距離2.2万光年 写真等級4.0等)

オメガω星団(球状星団 ケンタウルス座)
ケンタウルス座にある超巨大球状星団で、星団なのにωという名がついているのは、星に文字をつけた天文学者が、恒星と勘違いして、ω星として登録したからです。肉眼でも簡単に見える明るさですが、南にあって日本では高度が低いためなかなか見れません。
(視直径23分、実直径 153光年  距離 1.6万光年 写真等級 3.0等 )

M104(系外銀河 おとめ座)
おとめ座にある銀河でメキシコ人の帽子「ソンブレロ」のように見えるので、「ソンブレロ銀河」と呼ばれています。渦巻き銀河を真横から見た形で、銀河を上下に切り裂くように走る暗黒帯が印象的で、空飛ぶ円盤のようでもあります。メシエ天体の中では最も遠く6520万光年も離れています。見かけは小さいのですが、実物は17万光年で大変大きな銀河です。
(視直径 9x4分、実直径17X6.6万光年、距離6520万光年 等級 9.0等)

M51(系外銀河 りょうけん座)
「こもち銀河」の名前でおなじみです。大きな銀河の腕の先に、小さな銀河が寄り添っていて、親子で手をつないだように見えます。
(視直径11x7分、実直径8.2x5.0万光年、距離2510万光年 等級9.0等)

M 3 (球状星団 りょうけん座)
春の夜空の代表的な球状星団です。春はおとめ座銀河団など銀河の宝庫で、望遠鏡を流して見るのが楽しみですが、そんな中にあって、異彩を放っているのがM3の球状星団です。巨大な球状星団で、大口径の望遠鏡で見るとド迫力です。 
(視直径9.8分、実直径114光年  距離4.5万光年 写真等級 4.5等 星数 5万個)

Mel 111(散開星団 かみのけ座)
双眼鏡の視野いっぱいに広がる巨大な散開星団で、空の暗いところなら肉眼でもその存在がわかります。この大きく広がった微光星の集まりを女性の長い髪の毛に見立てたのが「かみのけ座」です。あまりにも大きすぎるのでメシエ天体にもNGCカタログにも入っていません。  
(視直径5度 実直径22光年 距離270光年 実視等級2.7等 星数30)

M 65・66 NGC3628(系外銀河 しし座)
しし座の後ろ足のあたりに、3個の系外銀河が三角に並んでいます。ちょっと縦長の二等辺三角形です。M66はやや丸く膨らんでいて、M65は中心が明るく光るやや細長い銀河です。二等辺三角の頂点にあたるNGC3628は東西に細長くのびた銀河です。これらの銀河は局部銀河群と同じように、銀河群を恒星しています。
(M65 視直径10x3分、実直径13x   万光年、距離2900万光年 等級10.9等)
(M66 視直径 9x4分、実直径5.7x2.6万光年、距離2150万光年 等級9.7等)

プレセペ星団(M44)(散開星団 かに座)
かに座にある星団で、春の訪れを告げるかのような星団です。月明かりのない暗い空なら肉眼でも見ることができます。双眼鏡で見ると星がパラパラとたくさん見えます。プレセペ星団は英語でビーハイブと呼ばれ、ミツバチが巣(箱)に集まっている様子にたとえられます。
(視直径95分、実直径13光年、距離510光年 実視等級3.7等 星数75)

M101 (系外銀河 おおぐま座)
北斗七星の柄の先の星とミザールをつないだ線を底辺として三角を作ると、頂点位置より少し下に淡い銀河があります。渦巻き銀河を真上から見た状態の美しい銀河で,その見事な渦巻きから「回転花火銀河」と呼ばれています。写真で見ると、淡い腕の部分がきれいに渦をまいています。
(視直径29x27分、実直径19X18万光年、距離2250万光年 等級8.3等)

M 97 (惑星状星雲 おおぐま座)
北斗七星の器の先から2番目の星・おおぐま座β星の近くに淡く丸い星雲があります。望遠鏡でよく見ると中に黒い部分が2箇所あり、ふくろうの顔のように見えます。その顔から「ふくろう星雲」と呼ばれています。すぐ近くにM108という細長い銀河も見えます。
(視直径203x199秒、実直径 7.34x7.20光年、距離7460光年 写真等級12.0等)

M81・M82 (系外銀河 おおぐま座)
おおぐま座の後頭部あたりにならんでいる、銀河のペアです。倍率が80倍以下ぐらいなら、二つが同一視野に見え、偶然にも八の字に見えます。
南側(ハの字の右側)がM81で、渦巻きのわかりやすい向きなのに対し、M82は平たく(不規則銀河)中央がくびれており、案国体が入り組んでいます。
(M81視直径27x14分、実直径14x7.3万光年、距離1790万光年 等級7.9等  
 M82視直径11x4分、実直径5.8x2.2万光年、距離1790万光年 等級9.3等)

M1 かに星雲 (散光星雲 おうし座)
おうし座の牛の角の先の所にある超新星残骸。 西暦1054年に超新星爆発を起こした星の残骸で、望遠鏡でみると、「かに」というより、「佐渡島」の形に見えます。
(視直径6x4分、実直径12.3x8.34光年、距離7200光年 写真等級 8.4等)

M42 オリオン大星雲 (散光星雲 オリオン座)
上記の主な天体でも紹介しているように、オリオン座の小三ツ星の真ん中にある大星雲です。星が生まれているところです。
中央に、トラペジウムと呼ばれる重星があり、4つ〜6つ(望遠鏡と条件がきわめて良ければ8つ)の星が、かたまって見えてきれいです。
(視直径66x60分、実直径25x23光年、距離1300光年)

M 35 (散開星団 ふたご座)
ふたご座の足元に視直径28分ほどの大きな散開星団があります。空の暗い所であれば、肉眼でもわかります。
(視直径28分、実直径31光年  距離2570光年 実視等級 5.3等 星数120)

M 36・37・38 (散開星団 ぎょしゃ座)
冬の散開星団トリオで、双眼鏡で流しながら見るのも楽しいです。ふたご座の方から、37・38・36と並んでいて、見つけるのは比較的簡単ですが、3つのうちのどれなのかが、意外にわかり難かったりします。慣れている人なら、ばらつき具合などでわかりますが、都会ではいずれも、パラパラ程度になってしまいます。(泣)
(M36: 視直径12分、実直径13光年  距離3780光年 実視等級 6.3等 星数60) 
(M37: 視直径20分、実直径27光年  距離4720光年 実視等級 6.2等 星数150)
(M38: 視直径20分、実直径21光年  距離3580光年 実視等級 7.4等 星数100)


主な二重星(重星、連星) (というか、みつけやすい重星 あるいは好きな重星?笑)   

プルケリマ (うしかい座 ε星)
アークツルスのすぐ北にある3等星です。プルケリマはロシア語で、「最も美しいもの」という意味だそうで、黄色い2.7等星と青色の5.1等星の2つの星の対比の美しい連星です。2.9″離れています。

アルギエバ (しし座γ星) 
ししの大がま(裏向きはてなマーク)の、レグルスの2つ上にあたる星です。
2.6等星のオレンジ色の星と3.8等星の黄色が4″離れて見えます。,色の対比がきれいな連星です。周期は619年周です。

ポリマー (おとめ座γ星)
おとめ座の yの字の交点にあたる星です。 172年の周期で回っている連星です。 2006年には0.4秒でしたので、大口径の、しかもよほどシーイングの良い日でないと分離するのは難しい連星でしたが、その後少しずつ開いて来ています。

コル・カロリ (二重星 りょうけん座 110光年) 
りょうけん座のα星は、望遠鏡でのぞくと、色の対比のすばらしい二重星です。 白色の2.9等星と紫色の5.4等星のふたつが約20秒離れてならんでいます。


ミザールとアルコル  (多重星 おおぐま座)
北斗七星の柄の先から2番目の星・ミザールは目の良い人ならすぐそばに4等星がくっついているのがわかります。この小さい方の星を「アルコル」と呼び、日本では「添え星」と呼ばれています。昔エジプトやアラビアなどでは、軍人になる際、視力検査に使われたそうです。
望遠鏡で見るとミザールにはすぐそばに別の小さな星がくっついています。さらに,ミザールも,まったく同じ明るさの2つの星が互いにまわりあっている連星であることで知られています。

カストル (連星 ふたご座α星)
上記にも書きました通り、カストルは、 1.9等のカストルAと2.8等のカストルBからなる連星で、それぞれも連星の多重連星です。望遠鏡で見ると、白い星が2つ並んでいます。
(主星A:1.9等 伴星B:2.8等   角距離 72秒 周期 467年 ←Wikipedia )

シリウス (連星 おおいぬ座α星)
シリウスには白色わい星の伴星がついています。8.5等級ですが、シリウスが明るすぎて、なかなか見えません。ただ90年代に比べると離れているので、シーイングや条件さえ良ければ、10cmの屈折望遠鏡で十分に見る事ができます。
現在は、伴星(シリウスB)が主星から10秒以上離れ、観望好機です。2022年が最も離れます。
(主星-1.5等、伴星8.5等)

プロキオン
連星 こいぬ座 )
シリウスBを紹介したついででご紹介しておきます。プロキオンも白色わい星の伴星を連れています。10.3等です。
主星0.4等、伴星10等

トラペジウム
(6〜8以上の星の集まる重星 オリオン座)
オリオン大星雲中心部にある、多重星。
トラペジウムとは、台形の意味なのですが、4つの星が台形を形作っているところから、そう呼ばれているのだと思います。
通常の望遠鏡ではA(6等)、B(7等)、C(7.5等)、D(8等)の4つの星が見えますが、
大気や望遠鏡のコンディションの良い場合は、E(10.5等)、F(11等)も見えます。
更に超大口径の望遠鏡で大気の状態が良い場合は、G,H、(共に16等)も見えるそうです。

リゲル (連星 オリオン座 )
リゲルも、連星です。見やすくきれいな連星です。
(主星0.1等、伴星6.8等)



参考資料:地人書館「天文手帳」、誠文堂新光社「天文年鑑」、「藤井旭の天文年鑑」 立風書房 「星雲星団を探す」、AstroArts 「星空ハンドブック」、Wikipedia、技術評論社「天体観測手帳2020」
表現として、比喩など必ずしも適切ではないものがあるかもしれません。お許し下さい。(文責:あすとろけい)
あすとろけいのトップページ